フコイダン 癌 摂取量

フコイダンは癌にどれ位の摂取量で効果?

 

フコイダンは癌に摂取量が多いほど効果?

フコイダン,癌.,摂取量

 

内閣府認証 NPOフコイダン研究所「アポトーシス効果の検証」より引用

 

上記の図は、フコイダンに期待される効果のなかで癌細胞のアポトーシス(自死)効果を検証した実験データです。
ヒト前骨髄性白血病細胞株、ヒト卵巣がん培養細胞株と人間の2種類の癌について検証が行われましたが、この実験からフコイダンは、濃度が濃いほどつまり摂取量が多いほど癌細胞のアポトーシス(自死)効果が高いことがわかりました!

 

 

フコイダンは摂取量だけではない?原料で癌への効果が違う?

 

上記の同じ実験からフコイダンの効果は、全て同じではなく原料により癌への効果が違うことが判明しました!

 

コンブ由来のフコイダンと比較すると、もずく由来フコイダンの方が癌細胞のアポトーシス(自死)効果が高いことが分かります。

 

フコイダン,癌.,摂取量

 

内閣府認証 NPOフコイダン研究所「血管新生抑制効果の検証」より引用

 

一方、上記のデーターはフコイダンに期待される効果の一つである
「血管新生抑制効果」(癌が増殖する為に自ら簡単な血管を作るのを抑える効果)
についての実験についてです。

 

このデータより、もずく由来フコイダンよりもめかぶ由来フコイダンの方が血管新生抑制効果が高いことが分かります。
血管新生抑制効果が高いということは、癌の転移はこの血管新生によって作られた血管により起こるので、癌細胞の転移防止に効果的ということになります。

 

 

 

フコイダンの癌への効果を期待するには、摂取量だけでなく原料の種類にも着目した方が良いということですね!

 

 

 

フコイダン癌には1日どれ位の摂取量が効果的?

 

フコイダンが癌に1日どれ位の摂取量で効果があるかについてまとめました!

 

 

以前癌になり再発防止の為のフコイダン摂取量

 

1日750mg~1500mgが理想です。

 

現在癌で腫瘍縮小効果を期待する方のフコイダン摂取量

 

1日1500mg~10000mgと摂取量の基準幅が広くなります。
ポイントとしては、使用初期段階で一気に摂取量を多くした方が効果が高いことが分かっています。

 

 

ただし、フコイダンは高額なものなので次第に様子を見ながら摂取量を減らしていくのがおすすめです。
(癌腫瘍縮小効果が出た方では、2ヶ月で胃上部の癌がほとんど無くなった方もいます。)

 

 

フコイダンを癌に十分な摂取量が摂れる方法は?

 

フコダインを含む原料(例えばもずく・めかぶ)を摂取すればいいのではないかと思う方もいるかもしれません。
しかし、それは少し現実的ではありません。

 

 

フコイダンが癌に効果的な量を摂取できる原材料の摂取量は、普段スーパーなどで販売されているもずくで1日あたり約1kgです。

 

 

おすすめの方法は、ドリンクタイプやサプリメントタイプのものです!
フコイダンには、錠剤タイプのサプリメントと液体タイプの2タイプのものがありますが、
錠剤は摂取量によってはたくさん飲むのは大変です。

 

飲み始めの段階ではドリンクタイプのものがフコイダンの含有量が高くおすすめです。
(分量あたりの価格にはほとんど差はありません。)

 

 

結局フコイダンを効果的に摂取するには?

 

フコイダンに期待できる効果として挙げられるのは、

①アポトーシス誘導作用
②血管新生抑制作用
③免疫力賦活作用
④治療(抗癌剤・放射線治療)の副作用軽減

です。

 

アポトーシス(癌細胞の自死)誘導作用の強いもずく由来フコイダン
血管新生抑制作用の強いめかぶ由来フコイダンを組み合わせることにより
フコイダンの効果が最大限に引き出されます。

 

 

 

>>>フコイダンサプリメントの比較・選び方